So-net無料ブログ作成
検索選択

「キー・オブ・ライフ」 スティービー・ワンダー [R&B]

619W4MPC8SL__SL500_AA300_.jpg

SONGS IN THE KEY OF LIFE / STEVIE WONDER (1976)

ポップ・ミュージック史上において最高に才能を発揮したのは
スティービー・ワンダーだと強く確信しています。

天才的な曲作り。
全ての楽器を1人で演奏する。
独特なリズム感の歌唱法。
艶のある魅力的な声。
ソウルフルなハーモニカも含め全てがスティービー・マジック。

スティービー・ワンダーの曲は
一見、シンプルそうなメロディー
音作りが実は緻密に作られていて、
全体として聴いてみるとキャッチーであったり、
耳障りが良かったりしますが、
実は全く単純ではありません。
だから何度聴いても新しい発見があります。


この作品"SONGS IN THE KEY OF LIFE"は
例えるなら、これはオモチャの缶詰です!
あっ、これ欲しかった物!
こんなのも入っている。
なんだろうこれ?わ~すごい!!!

出るわ出るわの怒濤の1時間40分。


全体としての統一感には欠けますが
これでもかというくらいに才能が溢れています。
このときスティービー・ワンダー27歳というから驚きです。

"TAKING BOOK"(1972)
"INNERVISIONS"(1973)
"FULFILLINGNESS FIRST FINALE"(1974)
そして"SONGS IN THE KEY OF LIFE"(1976)

までが実はスティービー・ワンダーの才能の頂点、絶頂期。

この1976年を境には少しずつ低迷…
才能を感じられなくなって来ています。
一曲一曲では輝く事が出来ても以前の輝きを取り戻していません。

しかしスティービー・ワンダーは今でも
多くのミュージシャンにリスペクトされています。
いつか、また以前の輝きを取り戻してくれる事を信じてやみません。

そして"SONGS IN THE KEY OF LIFE"は
ポップ・ミュージック史上に燦然と輝くの1つの金字塔です。

そして、これが34年前に作られた作品という事に対して驚きを隠せません。

1-⑥ I WISH


2-① ISN'T SHE LOVELY




※TALKING BOOK (1972)

※FULFILLINGNESS' FIRST FINALE (1974)

※THE WOMAN IN RED (1984)

※A TIME 2 LOVE (2005)







タグ:1976
nice!(14)  コメント(15)  トラックバック(0) 

nice! 14

コメント 15

shio

あっ!一番だ( ´艸`)
おはよ♪
by shio (2011-02-16 06:59) 

せいじ

shio さん

おはようございます!
by せいじ (2011-02-16 07:19) 

じゅりあん

初めまして&ご訪問、コメント頂きありがとうございました。
前にご訪問させて頂いたのですが、めちゃ重で
nice!もコメも飛ばされちゃったみたいです。(T_T)
結果、ご訪問が遅くなりまして、すみませんでした。<(_ _)>
ISN'T SHE LOVELY・・いい曲ですね♪

浜松にも住んでいたことあるんですよ~!
てけちゅう(夫です)の転勤で、三年弱ほど。
今後ともどうぞよろしくお願いします。
by じゅりあん (2011-02-16 18:12) 

haku

スティービーは本当に、天才の中の天才ですね!
シンプルで感動的なメロディでは、彼の右に出る人はいないでしょう♪
by haku (2011-02-16 18:53) 

tomato

34年前の曲だとは思えないですね!
27歳でこれだけの曲を作り上げられるなんて、本当にすごいです​(​*​'​ー​'​*​)

by tomato (2011-02-16 19:03) 

せいじ

しぞーかのじゅりあんさんでしたね?

お料理上手でいいですね!
今後ともよろしくお願いします。
by せいじ (2011-02-16 19:57) 

せいじ

haku さん

この時期は本当に神がかった活躍でした。
TDKのCMに出ていた時は神を見ている気分でした(笑
by せいじ (2011-02-16 19:59) 

せいじ

tomato さん

自分の20代を振り返ると本当にガキっぽかった気がします。
すごい才能ですよね!
by せいじ (2011-02-16 20:01) 

hotcha

そう言えば(父娘協演が話題になりましたが)アイシャはどうしちゃったんでしょう?
by hotcha (2011-02-16 23:51) 

せいじ

hotcha さん

スティービーも10年に一枚くらいしか出さないから
そういう感覚でいるんじゃ…

Aisha Morris結構いいヴォーカリストですね!
by せいじ (2011-02-17 00:01) 

DEBDYLAN

「ISN'T SHE LOVELY」は大好きな曲です♪

浜松には時々遊びに行くんですよ。
仲良しのワンコ服のショップがあるんです^^。

by DEBDYLAN (2011-02-17 01:03) 

seawind335

確かに、スティーヴィーは、神がかっていましたよね。この時期。
by seawind335 (2011-02-17 02:12) 

せいじ

DEBDYLAN さん

浜松はアクトから下を見下ろすと、結構空き地が多くて
やっぱり田舎だなぁ~って感じます。

ワンコ飼ってるんですよ。
うちはバカネコです。
by せいじ (2011-02-17 07:33) 

せいじ

seawind335 さん

こういう時期って長続きしないけど
凄かったです。
by せいじ (2011-02-17 07:35) 

としろー

初めまして!いいアルバム、名盤ですよね。自分ももっと早く出会っていれば良かったと、長らく聞かなかったことを後悔して聞いています。様々な発見がたくさんあるアルバムですね!
しかしまあその後のスティーヴィーを才能を感じないと評するなんて何様なのでしょうか。この駄文の筆者にスティーヴィーが低迷などという無駄口を叩けていることが驚きですね。あなたはただ口を開けてひたすら驚きの発見をスティーヴィーの音楽に見つけ続けるか、日本のアイドルのあくしゅけんでも集めていればいいと思います。
by としろー (2016-07-11 17:47) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。