So-net無料ブログ作成
検索選択

「夜のアルバム」 八代亜紀 [JAZZ]

aki.jpg

夜のアルバム / 八代亜紀 (2012)



フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン





私の母親は熊本県の八代市(やつしろし)の出身で
私も生まれだけは八代市。

八代亜紀さんも八代市の出身で
私の叔父はガソリンスタンドで働いていたお姉さんが
歌手になってテレビで歌っていたと言っていました。

非常にローカルな話です…


個人的な事を言わせてもらえば
演歌は肌に合わずとても聴いていられない…

「自分は不器用な人間ですから」
と健さんが言えば格好いいが
演歌の世界に出てくるような不器用なダメ男と
そのダメ男に「あたいがいなければあんたはダメ」みたいな事を言って
どこまでもついていく不器用な女…

人生には堪え忍ぶ世界は必要だけど
あえて自分の生き方を変えようとせずに
破滅の道を進むような世界にはついていけない…

当然、八代さんの歌もほとんど聴いた事がない。

今回、このアルバムを聴いてみようと思ったのは
本格的なジャズ・アルバムという事と
八代亜紀さんのハスキーなヴォーカルが
結構JAZZに向いているんじゃないかなぁ~と思ったから。

実際に聴いてみると最初は八代亜紀&JAZZ結構いいかもと思いましたが
オープニングのフライ・ミー・トゥ・ザ・ムーンは途中から
日本語の歌詞になる… (ゲッ、幻滅!!)

曲名も日本語表記。

1. フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン
2. クライ・ミー・ア・リヴァー
3. ジャニー・ギター
4. 五木の子守唄~いそしぎ
5. サマータイム
6. 枯葉
7. スウェイ
8. 私は泣いています
9. ワン・レイニー・ナイト・イン・トーキョー
10. 再会
11. ただそれだけのこと
12. 虹の彼方に

しばらく聴いていると何故か演歌に聞こえてくる…



八代亜紀、初の本格ジャズ・アルバムとうたいながら
実際は演歌・八代亜紀さんのファン層に配慮した内容。

きっとこの内容では本格的なジャズヴォーカルファンは納得出来ないだろうし
新しくファン層が拡大していくようにも思えない。

全て英語表記&英語歌詞で
発声もジャズ・ヴォーカルとしてしっかりアレンジし
もっと冒険的なアルバムにしてもよかったと思います。


八代亜紀さんのハスキーな歌声は
意外とジャズ・シンガーとしての可能性を秘めているような気がして
それだけに今回のアルバムはとても残念な出来でした。







タグ:2012
nice!(22)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 22

コメント 5

hirochiki

八代さんのジャズの歌声は、一度聞いてみたいですね♪
フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーンが途中から日本語の歌詞になるのは
ちょっと。。。ですが^^;
by hirochiki (2012-10-30 06:55) 

mary

私も演歌ダメなんです~[__ふらふら]
でも八代亜紀さんのキャラは好きですね[__わーい]
とってもかわいらしい方だな~って思います[__かわいい]
今回のJAZZアルバムは初ということで少々残念感はありましたが、また勉強して続けて欲しいですね[__わーい]
by mary (2012-10-30 16:24) 

原みつる

雨雨降れ降れもぉと降れぇ~♪
by 原みつる (2012-10-30 18:58) 

seawind335

意外とハマっていますね。
でも、実はこのあたりの素養はあるようです。
by seawind335 (2012-10-30 23:40) 

海のアングラーしんちゃん

話は余談ですが、関東では、猛虎、花形満版の巨人の星を放送しています。
大リーグボール1号を強引にホームランにする姿は最高にカッコイイですね!

by 海のアングラーしんちゃん (2012-11-01 18:30) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。