So-net無料ブログ作成
検索選択

「夜のアルバム」 八代亜紀 [JAZZ]

aki.jpg

夜のアルバム / 八代亜紀 (2012)



フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン





私の母親は熊本県の八代市(やつしろし)の出身で
私も生まれだけは八代市。

八代亜紀さんも八代市の出身で
私の叔父はガソリンスタンドで働いていたお姉さんが
歌手になってテレビで歌っていたと言っていました。

非常にローカルな話です…


個人的な事を言わせてもらえば
演歌は肌に合わずとても聴いていられない…

「自分は不器用な人間ですから」
と健さんが言えば格好いいが
演歌の世界に出てくるような不器用なダメ男と
そのダメ男に「あたいがいなければあんたはダメ」みたいな事を言って
どこまでもついていく不器用な女…

人生には堪え忍ぶ世界は必要だけど
あえて自分の生き方を変えようとせずに
破滅の道を進むような世界にはついていけない…

当然、八代さんの歌もほとんど聴いた事がない。

今回、このアルバムを聴いてみようと思ったのは
本格的なジャズ・アルバムという事と
八代亜紀さんのハスキーなヴォーカルが
結構JAZZに向いているんじゃないかなぁ~と思ったから。

実際に聴いてみると最初は八代亜紀&JAZZ結構いいかもと思いましたが
オープニングのフライ・ミー・トゥ・ザ・ムーンは途中から
日本語の歌詞になる… (ゲッ、幻滅!!)

曲名も日本語表記。

1. フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン
2. クライ・ミー・ア・リヴァー
3. ジャニー・ギター
4. 五木の子守唄~いそしぎ
5. サマータイム
6. 枯葉
7. スウェイ
8. 私は泣いています
9. ワン・レイニー・ナイト・イン・トーキョー
10. 再会
11. ただそれだけのこと
12. 虹の彼方に

しばらく聴いていると何故か演歌に聞こえてくる…



八代亜紀、初の本格ジャズ・アルバムとうたいながら
実際は演歌・八代亜紀さんのファン層に配慮した内容。

きっとこの内容では本格的なジャズヴォーカルファンは納得出来ないだろうし
新しくファン層が拡大していくようにも思えない。

全て英語表記&英語歌詞で
発声もジャズ・ヴォーカルとしてしっかりアレンジし
もっと冒険的なアルバムにしてもよかったと思います。


八代亜紀さんのハスキーな歌声は
意外とジャズ・シンガーとしての可能性を秘めているような気がして
それだけに今回のアルバムはとても残念な出来でした。







タグ:2012
nice!(22)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

「マイルス・スマイルズ」マイルス・デイビス [JAZZ]

smiles.jpg
MILES SMILES / MILES DAVIS (1966)




心して聴くべし!!

こんな格好いいジャズにはなかなか出会う事ができません。

FREEDOM JAZZ DANCE



とにかく格好いいトニー・ウィリアムの知性的なドラミング。
ファンキーにピアノで盛り上げるハービー・ハンコック。

ボスは俺だと言わんばかりに
空気を切り裂くマイルスのトランペット!

マイルスに合わせるようにウェイン・ショーターが
サックスをかぶせると気分は絶頂!

生きてて良かった~  と言う瞬間です!

空前絶後の7分15秒!
まさにしびれっぱなしです!





FOOTPRINTS






MILES

SMILESという言葉遊びのタイトル。

にっこり笑ったマイルスの顔がなんとも緊張感のない雰囲気を醸し出していますが
ジャケットにだまされてはいけませんよ~!













※'ROUND ABOUT MIDNIGHT (1956)

※RELAXIN' (1956)

※WORKIN' (1956)

※STEAMIN'  (1956)

※COOKIN' (1956)

※KIND OF BLUE (1959)

※FOUR & MORE (1964)

※IN A SILENT WAY (1969)

※A TRIBUTE TO JACK JOHNSON (1970)

※ON THE CORNER (1972)

※THE MAN WITH THE HORN (1981)

※STAR PEOPLE (1983)

※DECOY (1983)

※TUTU (1986)

※DOO-BOP (1992)







タグ:1966
nice!(22)  コメント(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

「リトル・ブロークン・ハーツ」ノラ・ジョーンズ [JAZZ]

little.jpg

...LITTLE BROKEN HEARTS / NORAH JONES (2012)


HAPPY PILLS







デビュー作でノラのスモーキーな歌声に癒された人は多いはず。
しかし、ノラはアリフ・マーディンが作り上げた「ノラ・ジョーンズ」という世界から脱却し
自分のサウンドを探し求めました。
時として方向性が違うんじゃないかと思う事もありましたが
前を前を目指して進む彼女の姿をやはり応援せざるを得ませんでした。

さて新作ですがやはりここにも癒しを求める場所はありません。
レトロで気だるい不思議な雰囲気
そして少し妖艶さを身にまとったノラ・ジョーンズ。

norah.jpg

プロデューサーは時の人、デンジャー・マウス。
曲も全てノラとデンジャー・マウスの共作。
演奏もほぼ二人で担っています。


デビュー時の彼女の姿を追い求めそこから前へ進めないファンには
正当な評価は難しい作品かもしれません。
決して凡作ではなく新しいノラの魅力を見せてくれました。
彼女はこれからも前へ前へ進んで行く事でしょう。




意外に感じるアルバムジャケットのアイデアは
デンジャー・マウスのスタジオ内には多くのB級カルト映画ポスターが飾られていて
そこからインスパイアされたそうです。




LITTLE BROKEN HEARTS







SHE'S 22






※COME AWAY WITH ME (2002)

※HERE WE GO AGAIN

THE LITTLE WILLIES
THE LITTLE WILLIES (2006)


タグ:2012
nice!(20)  コメント(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

「TUTU」マイルス・デイビス [JAZZ]

tutu.jpg

TUTU / MILES DAVIS (1986)




この印象的なアルバム・ジャケットのコンセプト・デザインは
去る1月21日にお亡くなりになった日本人アートデザイナーの石岡瑛子さんによるものです。

ishi.jpg

このアルバムはジャケット・デザインでグラミー賞を受賞しました。

タイトルも何もなくファラオのようにも見える神々しいマイルスの顔写真。
帝王のジャケットにふさわしい素晴らしいアート・ワークです。

石岡瑛子さんのご冥福をお祈りいたします。







タイトルの「TUTU」とは1984年にノーベル平和賞を受賞したデズモンド・ツツの事。
南アフリカの平和運動家で反アパルトヘイト運動に活躍しました。

30年間制作活動を共にしたCBSを離れ、
ワーナーへ移籍した第一弾アルバム。

新しい方向性を模索していたマイルスは
バックサウンドをほぼマーカス・ミラーに託し
いちトランペッターの道を選びました。
トランペッターとして吹く事に全力を注ぎました。
マーカス・ミラーが作ったバック・サウンドに
マイルスがトランペットを重ねると見事なマイルスの世界へ変わります。
熱い情熱に溢れ
そして今なお新しく響くサウンドです。

TUTU







※'ROUND ABOUT MIDNIGHT (1956)

※RELAXIN' (1956)

※WORKIN' (1956)

※STEAMIN'  (1956)

※COOKIN' (1956)

※KIND OF BLUE (1959)

※FOUR & MORE (1964)

※MILES SMILES (1966)

※IN A SILENT WAY (1969)

※A TRIBUTE TO JACK JOHNSON (1970)

※ON THE CORNER (1972)

※THE MAN WITH THE HORN (1981)

※STAR PEOPLE (1983)

※DECOY (1983)

※DOO-BOP (1992)





タグ:1986
nice!(31)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

「スター・ピープル」マイルス・デイビス [JAZZ]

starpeople.jpg

STAR PEOPLE / MILES DAVIS (1983)



ブッ~!!
吹き出して鼻水出ちゃった!
しかし、ブート(海賊版)でもないのにこの下手くそなジャケットはないよなぁ…
トランペット持ってるブツブツ顔はマイルス!?
それにしても下手だなぁ!


えっ!?
このイラスト、マイルスが描いたの?





……………




「ん~……」





「やっぱり芸術は違うなぁ…」


「なんというか深みがありますね!!」


「うん、さすがマイルス!」



U'N'L





SPEAK





長期休養を経てから

80年代に入り元気いっぱいのマイルスが復活してきました。

マイルスのイラストのような不思議なノリのサウンドです。





※'ROUND ABOUT MIDNIGHT (1956)

※RELAXIN' (1956)

※WORKIN' (1956)

※STEAMIN'  (1956)

※COOKIN' (1956)

※KIND OF BLUE (1959)

※FOUR & MORE (1964)

※MILES SMILES (1966)

※IN A SILENT WAY (1969)

※A TRIBUTE TO JACK JOHNSON (1970)

※ON THE CORNER (1972)

※THE MAN WITH THE HORN (1981)

※DECOY (1983)

※TUTU (1986)

※DOO-BOP (1992)


タグ:1983
nice!(22)  コメント(11)  トラックバック(1) 
共通テーマ:音楽

「ザ・クリスマス・アルバム」マンハッタン・トランスファー [JAZZ]

christmas.jpg

THE CHRISTMAS ALBUM / THE MANHATTAN TRANSFER (1992)



マンハッタントランスファーは
聴いてヨシ、
観ればさらに楽しい
スーパー・ヴォーカル・グループ。

お洒落と言う言葉がよく似合うエンターティナー。

そのマンハッタントランスファーによる
ちょっぴり大人向けのクリスマスアルバム
ゴージャスなジャズタッチのヴォーカルと
美しいハーモニーが素敵なアルバムです。



キリスト教文化に馴染みが薄い日本で
「聖しこの夜」を聴いてもピンとこないけど
英語で厳かに歌うとやはり雰囲気が伝わってきます。

candle.jpg

SILENT NIGHT, HOLY NIGHT





あまりに美しい賛美歌の⑨「IT CAME UPON THE MIDNIGHT CLEAR」
鳥肌ものの歌声です。





そしてエンディングはビートルズホワイトアルバムから
「GOOD NIGHT」




夢心地の中で幕を閉じるハートウォーミングなX'masアルバムです。

Merry Christmas!






※BODIES AND SOULS (1983)

※BOP DOO-WOPP (1985)

※VOCALESE  (1985)


nice!(28)  コメント(15)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

「スウィンギング・クリスマス」 エラ・フィッツジェラルド [JAZZ]

ella.jpg

ELLA WISHES YOU A SWINGING CHRISTMAS / ELLA FITZGERALD (1960)




ジャケットの大仏様の様な写真は見なかった事にするとして…



ジャズヴォーカルのファーストレディ、
エラ・フィッツジェラルドのポップでお洒落なX'mas アルバムです。



エラの歌声は陰の部分が少なく
素直に明るく伸び伸びと歌うので
クリスマスソングには最適。

明るく楽しくハートウォーミングに
そしてスウィングしまくりです。

録音が1960年とちょっと古めですが
この古くさい空気が何ともお洒落!
このアナログ感がとっても良い感じです。



X'masアルバムは基本的にスタンダードナンバーが中心なので
アーティストの力量が問われます。
エラはしっかりと自分のカラーを出して
とてもお洒落なX'mas アルバムに仕上げてくれました。



JINGLE BELLS




いきなりスウィング全開
ノリノリのジングルベルです。





楽しいソリ遊びが目に浮かぶような
SLEIGH RIDE






映画ダイハードで有名になった
LET IT SNOW! LET IT SNOW! LET IT SNOW!




ハッピークリスマス!
そしてBGMにはエラ・フィッツジェラルドがオススメ
素敵なクリスマス気分が更に盛り上がることと思います。
何度も聴きたくなるクリスマス・アルバムです。





※ELLA & LOUIS (1956)



nice!(30)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

「ザ・マン・ウィズ・ザ・ホーン」マイルス・デイビス [JAZZ]

the man with the horn.jpg

THE MAN WITH THE HORN / MILES DAVIS (1981)




リアルタイムでこのアルバムを聴いた人と
後から聴いた人では全くこのアルバムの価値と重みが全く違います。
(私はマイルスの死後に聴きました。)

アガパンと呼ばれる伝説のライブ。

あがるた.jpg
アガルタ

ぱんげあ.jpg
パンゲア

「アガルタ」「パンゲア」はマイルス・デイビスの日本公演、
1975年2月1日大阪フェスティバル・ホールでの伝説のライブアルバム。
「アガルタ」が昼の部で2枚組のアルバム。
「パンゲア」が夜の部で2枚組のアルバム。

この4枚分のステージ、マイルスバンドは
最初から最後まで凄まじい勢いで疾走します。
ロック・ジャズ・ファンク・ソウル・民族音楽などを凝縮したような
今まで聴いた事のないような音楽。
音圧が感動となって体に押し寄せてくる
言葉を失う程の素晴らしいパフォーマンス。

ロック」の歴史的名盤に必ず顔を出す「アガルタ」「パンゲア」
この名盤をアメリカ人は理解できず
当時「アガルタ」「パンゲア」はアメリカで発売されませんでした。

「アガルタ」ジャケットデザインは横尾忠則氏による物ですが
日本人が起用されたのはそういう背景があったからなんでしょう。


「ON THE CORNER」(1972)以降マイルスの作品のセールスは低迷しました。
セールス低迷の原因は時代の先を行きすぎていた事です。


自分のバンドメンバーとして育てた
ハービー・ハンコックやウェザー・リポートなどに
セールスでは大きく遅れをとるようになっていました。

「レコード業界がイヤになった」という発言もあり
マイルス・デイビス「アガパン」を最後に1975年から長期引退に入ります…









…………





…………


マイルスは自伝の中でこう語っています。

「オレは、1975年から1980年の初めまで、
一度も、だたの一度もだ、
トランペットを持たなかった。

トランペットのそばまで歩いていってはじっと見つめて、
吹いてみようかと思った事はあった。

だが、いつの間にか、
そばに寄ることさえなくなった。

どうしたっていうんだろう?」







…………






…………






そして1981年…

アガ・パンから6年…

この「ザ・マン・ウィズ・ザ・ホーン」は
ファンが待ちに待ったマイルスの復活作品なのです。

リアルタイムで待ちに待った人の熱い想いが少しは伝わったでしょうか?



サウンドは新しく変化していますがマイルスのトランペットは全く錆び付いていません。



FAT TIME



待ちに待った1曲目は帝王ご帰還のテーマ曲とも言える曲。
最初から全開ではなく小出しで帰ってきましたって感じ。

FAT TIMEとは直訳するとデブの時間。
当時無名の巨漢のギタリスト、マイク・スターンに
自由にエレキギターを弾かせているのでFAT TIME

同じく無名だったマーカス・ミラーをベースに起用し
若くて有能な才能をマイルスが見いだし
フレッシュな演奏を引き出しています。

少しずつ盛り上がりつつ
最後はマイルスのペットでビシッっと締めて終わるエンディング。
格好良すぎです!



しかし、分からないのがこのタイトル曲のTHE MAN WITH THE HORN

マイルスの作品には常に緊張感が伴っていました。
この曲はランディ・ホールが中性的なヴォーカルを聴かせる
今で言うスムース・ジャズというかA.O.Rというサウンド。
曲は悪くありません。
マイルスのトランペットも素晴らしい。
他人の作品でマイルスがバックで吹くのならいいでしょう!
しかし、この緊張感のない音はマイルスの音じゃない…
以降この手のサウンドを継承しなかったのは
実験的に吹いてみたという事なんでしょう。

THE MAN WITH THE HORN











※'ROUND ABOUT MIDNIGHT (1956)

※RELAXIN' (1956)

※WORKIN' (1956)

※STEAMIN'  (1956)

※COOKIN' (1956)

※KIND OF BLUE (1959)

※FOUR & MORE (1964)

※MILES SMILES (1966)

※IN A SILENT WAY (1969)

※A TRIBUTE TO JACK JOHNSON (1970)

※ON THE CORNER (1972)

※DECOY (1983)

※TUTU (1986)

※DOO-BOP (1992)









タグ:1981
nice!(27)  コメント(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

「イッツ・タイム」 マイケル・ブーブレ [JAZZ]

it's time.jpg

IT'S TIME / Michael Bublé (2005)




アナログの時代は感じなかった事なんですけど
デジタルの時代になったら
オーディオで聴くCDのビッグ・バンド・ジャズって
ちょっと苦手になりました…

メディアがCDになりダイナミック・レンジが広がった分
大編成のジャズ・バンドって何処を聴いたらいいのか
意識が散漫になり面白さが伝わらなくなりました。

実際に見るとまた違うんですけどねぇ…


マイケル・ブーブレはカナダ出身のビッグ・バンド歌手。
同じビッグ・バンドでも歌手がいると
聴く意識が歌手に集中出来るので
歌手つきのビッグ・バンド・ジャズはセーフなんです。

その中でも特にお気に入りなのがこのマイケル・ブーブレ!


デイヴィット・フォスターが、「唯一無二の声!」と絶賛した
優しく甘く表現力豊かな声も大きな魅力ですが
マイケル・ブーブレは何と言っても飾らない人柄がなんとも好感度大!

普通のお兄ちゃんなんですが、このモテモテぶりです。
SAVE THE LAST DANCE FOR ME





マイケル・ブーブレの魅力は他人の曲をカヴァーしても
しっかりと自分流にアレンジして自分の曲にしてしまうこと。
このスティービー・ワンダーの名曲YOU AND I
しっとりと魅力的に歌いあげています。

YOU AND I




お・ま・け


タグ:2005
nice!(28)  コメント(15)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

「スティーミン」マイルス・デイビス [JAZZ]

steamin'.jpg

STEAMIN' / THE MILES DAVIS QUINTET (1956)


深みのあるトランペットの音色を聴きながら芳醇な世界へ引き込んでくれる
この時代のマイルスの正統派ジャズ。

「スティーミン」はマラソンセッションの一枚。
マラソン・セッションとは
プレスティッジというマイナーなレコード会社との契約を早く終了させるため、
たった二日間('56/5/11と10/26の二日間)でアルバム4枚分の録音を済ませたセッション。
いい加減なようですが全て名盤として歴史に残されています。

メンバーは

マイルス・デイビス(tp)
ジョン・コルトレーン(ts)
レッド・ガーランド(p)
ポール・チェンバース(b)
フィリー・ジョー・ジョーンズ(ds)

ですが、後に巨人として名を残す(巨人って名前が悪いなぁ…)
ジョン・コルトレーンは曲によって外されています。
まだまだ稚拙な演奏が多かったのです。

マイルスはミュートの名手ですが
オープンとミュートを見事に使い分けて
見事にスタンダードナンバーを消化しています。


レッド・ガーランドはコロコロ転がすような
スイングするピアノが身上で
私はこのピアノが大好きなんですが
スローなナンバーでも存在感を見せてくれます。
この曲もジョン・コルトレーン不参加です。

WHEN I FALL IN LOVE




この曲もジョン・コルトレーン…
SOMETHING I DREAMED LAST NIGHT








※'ROUND ABOUT MIDNIGHT (1956)

※RELAXIN' (1956)

※WORKIN' (1956)

※COOKIN' (1956)

※KIND OF BLUE (1959)

※FOUR & MORE (1964)

※MILES SMILES (1966)

※IN A SILENT WAY (1969)

※A TRIBUTE TO JACK JOHNSON (1970)

※ON THE CORNER (1972)

※THE MAN WITH THE HORN (1981)

※STAR PEOPLE (1983)

※DECOY (1983)

※TUTU (1986)

※DOO-BOP (1992)


nice!(31)  コメント(17)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。