So-net無料ブログ作成
検索選択
声フェチ ブログトップ

わたし声フェチなんです。 -バーブラ・ストライサンド- [声フェチ]

やぁ、またお逢いしましたね!
芳醇な声の世界へようこそ!
今回紹介する声の持ち主はバーブラ・ストライサンドです。

BARBRA STREISAND (1942 - )

バーブラ・ストライサンドは歌手としてだけでなく
女優、作曲家、映画プロデューサー、映画監督としても有名。
最も成功した偉大なスターの中のひとりです。

彼女の歌声はとてもシルキー
上質で優しく美しい声ですが、
芯の通った強さを感じます。
そして、聴く者をその世界に引き込んでいきます。

その素敵な歌声を聴いてみて下さい!
曲は「SEND IN THE CLOWNS」です。



と、鳥肌が…
女優とシンガーを一緒に出来る人…

broadway.jpg
from 「THE BROADWAY ALBUM




世界の歌姫セリーヌ・ディオンとのデュエット「TELL HIM」をどうぞ!
セリーヌ・ディオンも上手いけどバーブラ・ストライサンドと比べると
力任せに歌っている感じがします。



celine.jpg
from 「LET'S TALK ABOUT LOVE」

バーブラ・ストライサンドの素敵な声をご紹介しました。

タグ:声フェチ
nice!(28)  コメント(21)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

わたし声フェチなんです。 -松たか子- [声フェチ]

やぁ、またお逢いしましたね!
芳醇な声の世界へようこそ!
今回紹介する声の持ち主は松たかこさんです。

TAKAKO MATSU (1977 - )

松さんと言えば女優イメージが強いと思います。
特別歌が上手いとか声域が広いとかいう訳ではありません。
しかしこの「みるい」(静岡の方言で未熟、若い、柔らかいなどの意味)感じは
熟練の歌手には出せない特別の存在感があります。

イメージとしては春
少しだけ切ない曲を歌ったら
このみるい感じを表現出来る人はそうはいません。

小田和正作詞・作曲 「おやすみ」をどうぞ!
名曲ですよ!



ちぇりっしゅ.jpg
from Cherish You



春と言えばこの曲
「桜の雨 いつか」



さくら.jpg

from いつか、桜の雨に…

タグ:声フェチ
nice!(21)  コメント(27)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

わたし声フェチなんです。 -ジャネット・ケイー-  [声フェチ]

やぁ、またお逢いしましたね!
芳醇な声の世界へようこそ!
今回紹介する声の持ち主はジャネット・ケイです。


JANET KAY (1958 - )


いいなぁ~

この包容力のある優しい声


癒されます。

そんな素敵な優しい声のジャネット・ケイが
生まれてくる赤ちゃんの為に書いた曲
NATURAL LOVEをどうぞ!
すごく愛情に満ちた優しい曲です。




ダンスの映像どうみても不要だよなぁ~

love you always.jpg
from LOVE YOU ALWAYS


素敵な優しい声でしょ!?
そんなジャネット・ケイのライブから
LOVING YOUをどうぞ!






タグ:声フェチ
nice!(15)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

わたし声フェチなんです。 -ケイコ・リー- [声フェチ]

やぁ、またお逢いしましたね!
芳醇な声の世界へようこそ!
今回紹介する声の持ち主はケイコ・リーです。

KEIKO LEE

日本で育った在日韓国人3世のケイコ姫は
現在日本では女性ジャズのトップシンガーです。
美しい容姿とは裏腹のディープ・ヴォイスは好みが分かれる所ですが
玄人好みの味のある声。

何しろ姫はバラードが素晴らしい!

これは本当の話ですが
ステージ中に演奏者が演奏を止めて
姫の歌に聴き入ってしまう事が何度もあったらしい。
演奏なんてしないでず~っと聴き入っていたいと思わせる歌声です。

そんなケイコ姫のRainy days and Mondays をどうぞ!



ケイコ姫.jpg

「What A Wonderful World」
Rainy days and Mondaysはこちらに収録しています。



NHK NAGOYA SUPER JAZZ NIGHTより

関心を持たれた方はご覧になってみて下さい。
ケイコ姫 × 日野皓正


タグ:声フェチ
nice!(14)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

わたし声フェチなんです。 -小野リサ- [声フェチ]

やぁ、またお逢いしましたね!
芳醇な声の世界へようこそ!
今回紹介する声の持ち主は小野リサです。

小野リサ (1962 -   )

小野リサさんはブラジル生まれの日本人。
本名は小野里沙です。
私は小野リサさんの囁くような
優しい声が大好き!
小野さんの膝枕で囁くように優しく歌ってもらえたらと…
いつもたまに思っています。

そんな小野リサさんの優しい春風のような曲MANOAをどうぞ!



りさちゃん.jpg
from Lisa's Ono Bossa Hula Nova

ハワイアンソングをボッサノバ風にアレンジした意欲作です。
爽やかな風を感じていただけたでしょうか?


そんな小野リサさんのとってもかわいい曲
PRETTY WORLDをどうぞ!



ぷりてぃわーるど.jpg

from Pretty World

この優しい声に包まれると思考回路がストップしてしまうのは私だけでしょうか?
タグ:声フェチ
nice!(17)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

わたし声フェチなんです。 -ロバータ・フラック- [声フェチ]

やぁ、またお逢いしましたね!
芳醇な声の世界へようこそ!
今回紹介する声の持ち主はロバータ・フラックです。

ROBERTA FLACK (1937 - )

私はロバータ・フラックの声にメロメロ~[揺れるハート]
とっても優しく包み込むようなシルキーな声。

ソロのロバータも素晴らしいが
デュエットのロバータの声はソロの時より明るい。
デュエットの方が感情移入しやすく委ねられやすいんだと思います。
ダニー・ハサウェイという素晴らしいデュエット相手が33歳の若さで亡くなり
傷心のロバータでしたが、
その後出会った若くて素晴らしい才能の相手がピーボ・ブライソン。
そのピーボ・ブライソンとのクリスマス・ソングのデュエット曲。
とても温かく素晴らしい曲です。
どうぞ、お聴きになってみて下さい。

I'LL BE HOME FOR CHRISTMAS


CHRISTMAS ALBUM.jpg from THE CHRISTMAS ALBUM / DAVID FOSTER

ロバータ・フラックの優しく包み込むような声
素敵ですね~[黒ハート]

そんな二人の大ヒット曲
「TONIGHT I CELEBRATE MY LOVE」をどうぞ!
素晴らしい愛の世界に浸ってみて下さい。



boran to love.jpg from BORN TO LOVE
タグ:声フェチ
nice!(11)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

わたし声フェチなんです。 -スティービー・ワンダー- [声フェチ]

やぁ、またお逢いしましたね!
芳醇な声の世界へようこそ!
今回紹介する声の持ち主はスティービー・ワンダーです。

STEVIE WONDER (1950 - )

ポップミュージック史上最も才能を発揮したアーチスト
スティービー・ワンダーだと確信しています。

天才的な曲作り
誰にも真似できないリズム感
全ての楽器を1人で演奏する。
(目が見えないのにベースも弾きます)
ソウルフルなハーモニカにおいて右に出る人はいません。

そしてもちろん声も大きな魅力の1つ!

スティービー・ワンダーは11歳でモータウンと契約しました。
そんなスティービー・ワンダーの31歳の時の作品
「DO I DO」を聴いてみて下さい!
若いのにキャリア十分。
ポップ・ミュージックとして理想的なサウンド。
そして何より瑞々しい声の魅力に溢れた曲です。

DO I DO


むすc.jpg from Stevie Wonder's Original Musiquarium


ん~!
何度聴いても魅力的な声です。


そんなスティービー・ワンダーの魅力的なバラードをどうぞ!

LATELY


lulj.jpg from Hotter Than July


なんと魅力的な声でしょう。
聞き惚れてしまいます。

以上スティービー・ワンダーの紹介でした。
タグ:声フェチ
nice!(16)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

わたし声フェチなんです。 -サラ・ボーン- [声フェチ]

サラ・ボーン
Sarah Lois Vaughan (1924-1990)

初めて聴いたサラの歌声は
バリー・マニロウの アルバム「2:00 AM PARADISE CAFE」
の中でバリーとデュエットしている曲「ブルー」でした。
ちょっと鳥肌が立ちました。
歌が上手いとかそういうレベルじゃない…
まさに芸術品としか言いようのない歌声。
どうぞサラの芳醇な世界をお聴きになってみて下さい。

BARRY MANILOW and SARAH VAUGHAN / BLUE


200.jpg 
from 2:00 AM PARADISE CAFE

声量も技量も歌唱力も素晴らしい。
しかしサラの素晴らしい所はそれだけじゃなく
バップ・スキャットも完璧にこなします。

そんなサラの「枯葉」をご堪能下さい。
詩も原曲のメロディーもいっさい歌わない
名(迷)演の枯葉です。
サラは自分のノドを楽器のように駆使しています。
この枯葉は賛否分かれるでしょうが
サラの才能は十分に伝わると思います。

「技巧に生きるシンガー」サラ・ボーンの紹介でした。



crazy.jpg

from CRAZY AND MIXED UP
タグ:声フェチ
nice!(15)  コメント(15)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
声フェチ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。